入れ歯・義歯が出来るまでの行程をご存知ですか?

一口に義歯(入れ歯)の作成と言っても、各医院によって様々です。藤川歯科では院内に技工室を完備しており、技工士も常駐していますので、スピーディかつ正確な情報を伝達でき、患者様の症状によってはその場で確認・修正することが可能です。

入れ歯・義歯が出来るまで

入れ歯・義歯が出来るまで

1 複製義歯

合っていない入れ歯を使用していると、変な噛み癖や口の中が補おうとし変化します。
今お使いの入れ歯の複製を作成し、複製した入れ歯を改造し、本来の噛み合わせ・お口の状態に戻します。 

自費治療

合っていない入れ歯を使用していると、変な噛み癖や口の中が補おうとし変化します。
今お使いの入れ歯の複製を作成し、複製した入れ歯を改造し、本来の噛み合わせ・お口の状態に戻します。 

自費治療

↓

2 歯茎の型どり重要

ぴたりと合う義歯を作成するなかで、型どり非常に重要な工程になります。
唇や頬の内側は粘膜です、さらに筋や筋肉も舌もずっと同じ動きはしてないので100回型をとっても寸分の狂いもない同じ型はとれません。

保険治療

保険診療の場合、ほとんどの歯科医院では予備の型どりを行いません。 歯茎の型をとり、歯科医師ではなく、外注の技工士に設計などを任せることがほとんど。 口を開き型をとります。

歯茎の型どり

↓

自費治療

予備の型取り

保険診療の場合、ほとんどの歯科医院では予備の型どりを行いません。 歯茎の型をとり、歯科医師ではなく、外注の技工士に設計などを任せることがほとんど。 口を開き型をとります。

予備の型取り

↓

本番の型取り

予備の型どりでとった型を利用し、患者様専用のトレーを作成します。
口を開いた状態だけではなく、患者様のお口を動かし、唇の形や筋肉の動きなどを考慮し作成します。

本番の型取り

↓

3 噛み合わせの記録を取る重要

髪の毛一本でも噛めばすぐに気づくほど、人間の口の中はとても繊細にできています。
歯がなくなると噛み合わせが低くなり、個人によって異なるそれぞれの噛み癖なども考慮する必要があります。噛む位置も変わります。

保険治療

型どりをもとに模型を作成し,その上にロウ堤を作り噛み合わせの高さの測定を行います。

噛み合わせの記録を取る

↓

自費治療

模型の作成

本番の型どりをもとに模型を作成し、歯科医師が治療計画の策定をする。

模型の作成

↓

噛み合わせの高さの測定

模型の上にロウ堤を作成し、調整し噛み合わせの高さの測定を行います。

※ロウ堤…義歯の高さ、上下の顎の位置関係を決める。ロウ堤の上に歯が並びます。

噛み合わせの高さの測定

↓

4 レプリカ模型を作成

ロウ堤の上に実際に人工歯を並べ、咬合器(人の顎の動きを再現する機械)でチェックします。

自費治療

顎の動きを確認し、咬合器にレプリカをはめ、歯科医師が入念に噛み合わせをチェックします。

レプリカ模型を作成

↓

5 装着

実際に歯が並べられた入れ歯を装着します。噛み合わせ等をチェックします。

保険治療

咬み合わせのズレ・顎の位置の確認・発音・審美などの確認を行い調整します。

装着

自費治療

咬み合わせのズレ・顎の位置の確認・発音・審美などの確認を行い調整します。

装着

↓

6 完成

患者様に装着いただき、納得いただければ完成となります。

保険治療

保険治療の入れ歯完成です。

完成

「どうしよう・・」迷われているのでしたら、まずは一度ご相談ください。

お問い合わせはお気軽に

072-695-5152
〒569-0814
大阪府高槻市富田町1-8-15 コクリコ富田1F

診療時間●定休日:日曜日・祝日

自費治療

自費治療の入れ歯完成です。

完成

↓

7 アフターフォロー

自費診療で作った入れ歯はアフターフォローとして保証をつけさせていただいています。
>>詳しい保証についてはこちら

自費治療

メンテナンスをすることで、日々の生活で歯茎の状態、口の中の変化に対応し長い間フィットした入れ歯を使用する事ができますので、とても重要です。

アフターフォロー

Copyright (c) 2014 Fujikawa Dentalclinic. All Rights Reserved