部分入れ歯・義歯とは

● 部分入れ歯・義歯とは

部分入れ歯・義歯とは歯を失い複数本以上の場合や1本でも一番奥の歯の場合は、ブリッジをかけることができないので、部分入れ歯を使用します。

ブリッジは取り外しはできないですが、部分入れ歯は取り外しが可能です。

● 部分入れ歯・義歯の構造

部分入れ歯・義歯の構造保険診療で作成される部分入れ歯は、クラスプという金属のバネを周りの歯にかけ支えているようなものです。

部分入れ歯は総入れ歯に比べると周りの歯の支えがあるため、ある程度安定させることができますが部分入れ歯を付けると「食事がしづらいや」「違和感があると」と感じられる方も少なくないと思います。

これは簡単なバネの為食事をしたり奥歯に力を加えると動き違和感を感じます。
更に天然の歯と人工歯の堅さ、高さ、形が違う為、噛み合わせが悪く感じることも多いと思います。

周りの歯の状況、噛み合わせ、素材を考慮して作成しなければ、周りの歯が緩み、結果歯を失うことになります。

Copyright (c) 2014 Fujikawa Dentalclinic. All Rights Reserved