保険診療と自由診療

入れ歯・義歯を作成する場合、保険診療と自由診療の2パターンがあります。
保険診療とは、診療料金の一部を国が負担し、残りを患者さまが支払う方法で、保険証をご持参いただきますと、この診療方法を取ることができます。基本的にほとんどの歯科治療は保険診療で行えます。

ただ、保険診療の場合は、必要最低限のものに限られてしまうため、入れ歯・義歯などの繊細な診療の場合、その後の使用感などに関わってくるため、よりよい診療を求めた場合は特別な材料と製作法での自由診療を選択することになります。

自由診療とは、保険が適用されない診療方法で、自由診療の料金設定は医院が定めた料金となります。
最低限の治療を目的とした保険診療に対し、自由診療はより自然で患者さまの身体に合った治療を行いますので、自然な見た目はもちろんのこと、機能性、生体親和性(身体へのやさしさ)、耐久性などあらゆる面で優れています。

部分入れ歯

プラスチック義歯
(保険診療)
義歯床にプラスチックを使用した義歯で、健康保険が適用できるので安価であること、プラスチックなので調整が容易であることが挙げられますが、反面精度の高い義歯を作るのが難しく、装着感に違和感があるものが多いというデメリットがあります。 準備中

磁性アタッチメント
(自費診療)
さまざまな種類があり、入れ歯(義歯)の補助的な固定装置になります。
入れ歯(義歯)が外れにくくしっかり噛めるようになり、バネがなくなりので審美的にもスマートです。
デメリットとしては、患者様のお口の状態によっては使用できない可能性があります。
100,000円〜

ノンクラスプデンチャー
(自費診療)
ノンクラスプデンチャーとは、金属のバネがない部分入れ歯です。一般的な部分入れ歯は安定させるために金属のフックを使用しますが、ノンクラスプデンチャーは、金属を使わずプラスチックを使って安定させることで、本物の歯と見分けがつきにくいのがメリットです。
デメリットとして、プラスチックを使用するため何度も取り外しする内にプラスチックがすり減り、ゆるくなってしまうこともあり、長期的な持続は難しく定期的な作り直しが必要です。
100,000円〜

金属床義歯メタルフレーム
(自費診療)
入れ歯のフレームに金属が使われており、薄くて軽く、強度に優れているのが特徴です。 350,000円〜

コーヌスクローネ
(自費診療)
コーヌスクローネは、安定性が高いため外れにくく、一般的な入れ歯のように留め具がないため、入れ歯であることに気づかれにくいのが特徴です。一方で土台となる歯を削らないといけない、治療できる歯科医師が少ないことから、旅行先などでトラブルが生じた際適切な治療が受けられない可能性がある、などのデメリットも挙げられます。 700,000円〜

総入れ歯

コバルトクロム床義歯

義歯床にコバルトクロムを使用していますので、薄く違和感を感じにくく、硬く丈夫な素材なので安定した噛み心地で割れにくく変色しません。
また上あごを被う場合食べ物の熱が伝わります。

【メリット】
・チタン床義歯に比べてやや重い
・金に比べて温度の伝わりが若干遅い
・金属アレルギーが起こることがある

【デメリット】
・チタン床義歯に比べてやや重い
・金に比べて温度の伝わりが若干遅い
・金属アレルギーが起こることがある
総入れ歯
400,000円〜

部分入れ歯
350,000円〜

Copyright (c) 2014 Fujikawa Dentalclinic. All Rights Reserved